サイト名 | キーワードを3、4つ書く

児童養護施設でくらす子どもの生活を支援する人たちの役割

さまざまな事情で、家族と暮らすことができない子どもたちが暮らす児童養護施設。そこには子どもたちの生活環境全般を支える人々がいます。そこで働く人々が、どのような役割を果たしているのか紹介します。

 

 施設長
施設の代表です。子どもたちの代理保護者として守る役割があると同時に、施設運営、職員組織など、子どもたちが安心して安全に暮らせるために、施設に関係するすべてのことに関わっていきます。

 

 事務
子どもたちが快適に安心して暮らせるよう、また職員がよりよく子どもたちの支援にあたることができるよう、予算編成や会計の運営をしていきます。

 

 保育士・児童指導員
施設の中で、子どもの身近にいて、子どもたちと寝食を共にし、子どもの基本的生活を支える人たちです。一日の流れとともに、どのような仕事をしているのか見ていくことにします。

 

朝6時、朝食や弁当作りから始まります。子どもたちが起きてくると幼児の着替えや登園・登校の準備を手伝います。また、小・中・高校生の食事の準備や片付けなどをしながら掃除や洗濯をし、子どもたちを送り出します。

 

9時頃になると幼稚園児の登園に付き添います。子どもたちを送り出したあとは朝のミーティングで前日の子どもの様子を引き継ぎ、一日の予定の確認をします。

 

子どもたちが幼稚園や学校に行っている日中は基本的には休憩時間ですが、休憩を取れることはほとんどありません。学校や児童相談所、医療等、関係機関とのカンファレンスや連絡、施設内の会議などがあります。

 

14時過ぎからは幼稚園児のお迎え、夕方は小学生が帰宅するため宿題を見たり外で一緒に遊んだりします。子どもたちが帰ってくるとお風呂に入ったり、夕食を子どもたちと作ったりもします。

 

夕食はその日の状況で18時だったり19時だったりしますが、なるべく子ども全員が揃って食卓を囲むことを大切にしています。食後は子どもたちがテレビを観ている横で食器を片づけたり、明日の準備などをして、順次子どもたちが就寝をするため寝かしつけをします。

 

高校生が眠りにつく23時頃を過ぎると、ようやく溜まった事務作業をする時間となり、一日を終えます。これらの仕事は女性も男性も行います。

 

 栄養士・調理員
子どもの年齢に合わせて栄養管理をして、メニューを考える栄養士がいます。施設によって調理員が作った食事を各寮で食べるところ、準備された食材を使って保育士や指導員が食事を作るところなど、形態はさまざまです。

 

 家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)
施設で生活しながら、家族との関係調整や家庭復帰を目指す場合があります。児童相談所や家庭と子どもの間に入り、相談援助を行います。また、里親へ委託したり、養子縁組を実施する場合にも各機関の連絡調整などを行います。

 

 里親支援専門相談員
施設内に地域の里親を支援する機能を持たせ、児童s相談所や里親会と連携して、入所児童の里親委託の推進や里親委託後のアフターケアなどを行います。

 

 心理療法担当職員
さまざまな事情を抱えて施設で暮らす子どもたちに対して、いくつかの心理的アプローチをもとに心のケアを行います。子どもたちが施設生活だけでなく、生活全般あるいはその先の人生に対して安心感を抱けるような支援を行います。

 

施設内には相談室やプレイルーム、箱庭療法を行う部屋があり、一人一人に合わせたケアを行っています。

 

 個別担当職員
施設には虐待を受けた子どもの入所が増加し続けていますが、集団生活が基本の施設の中で集団に適応できず個別対応が必要な子どもに対しての支援を行います。

 

 職業指導員
子どもたちは18歳になれば退園を強いられる一方で、これまで施設では就労支援の取り組みは行われていませんでした。そのため退園直前に住み込み就労を見つけたり、高校の求人票から探したりといった状況で、離職率の多さが課題となっていました。このような理由から、一人ひとりに合った卒園後の支援の充実を図るため、その支援を行います。

 

このように児童養護施設には専門性を持った職員が配置されています。それぞれの立場や専門性を生かしながら、子どもたちが安心して安全に暮らすこと、安心して家庭に帰ること、施設を卒園して社会に踏み出していけることを目指して、チームで支援を行っています。

スポンサードリンク



TOP 代表あいさつ お問い合わせ