サイト名 | キーワードを3、4つ書く

人を信じる勇気を持つために、自分の中に羅針盤を作る

人を信じると聞いて、どのような印象を持ちますか。当たり前のことだから考えたことがないでしょうか。あるいは、人を信じることができなくて、日々苦しんでいるでしょうか。人を信じる前に自分を信じることが大事だと思うでしょうか。

 

受け止め方は人それぞれあるでしょう。ここでは、私たちが考えている以上に困難を伴い、言葉にしている以上に奥の深い行為である「人を信じる」ことについて考えていきます。

 

 なぜ人を信じることは困難を伴うのか
「人を見たら泥棒と思え」は古くからのことわざです。「他人をうかつに信用せずに、相手が泥棒と思うくらいに用心しなさい」という意味です。幼いころ、あるいは一人暮らしを始める際などに、用心深い先祖からよく言われたものです。

 

私たちは、人を信じることがどれほど大切かを知る前に、人を疑うことを教えられてきました。特に日本の学校教育では、人という存在が奇跡であることや互いに尊重することを、子どもたちが生活で実感できるレベルで具体的に教えていません。それが、信じることに対して困難を伴う大きな要因の一つかもしれません。

 

さらには、自分という存在の価値に関する幼少期や学童期の教育は十分ではありません。自分についても人についても、尊重することを言葉では教えられていても、実際に、言葉や行動に移したときに、どういうあり方をすればよいのかわからないまま大人になっていきます。

 

思春期やそれ以降に人間関係に広がりが出てくると、失恋や友人とのケンカといった障害が生まれます。そのとき、「人を信じることができない」、「信じていたのに裏切られた」と苦しみ、その傷が癒えず、長い期間同じことで悩み続けてしまいます。

 

 自分にどんな目を向けていますか
「人を信じる前に自分を信じることがたいせつ」とはよく言われます。以下の問いで、あなたが自分自身にどのような目を向けているかを確かめてみましょう。

 

●あなた自身が自分にどのような価値があると考えますか。
●あなたが得意なことはなんですか。
●その中で、これは一番だと周囲に自慢できるものはなんですか。

 

これらの問いから、あなたの軸を見出すことができます。問いに対する答えが見つからなかった人は、見つかるまでじっくりと自分と向き合ってください。

 

種類や質よりも、あなたが確固たる思いで持てる軸があることがたいせつです。なぜならば、それが生きていく上であなたの羅針盤になるからです。

 

 軸を持って人とかかわる
あなたの軸が見つかったら、それを自分の身体の中心に置くイメージで、あなたの中に浸透させてください。

 

そして、その軸を意識して人とかかわってみましょう。これまでのあなたと、どのような違いが生まれていましたか。

 

自分の中に確固たる軸があれば、自分の意見と違っても、あるいは自分の意見を批判されたと感じても、揺らいだり自信をなくすことはないでしょう。相手の意見にしっかりと耳を傾け、それをおだやかな気持ちで受け入れることができるはずです

 

おだやかな気持ちで受け入れることで、相手に対して抱いていた「これを言ったら傷つけてしまうかも」、「失礼にあたるかな」という心配も必要ありません。

 

自分の軸に沿って、「あなたの意見も一理あるが、自分はこう思う」と相手も受け入れつつ、自分の意見を明確に相手に伝えることができます。そして、両者ともに多くの気づきを得ることができ、結果的に双方の信頼はより深まるでしょう

 

人を信頼することには困難と勇気を伴います。しかし、それがなぜかを知ることができれば、信頼できない自分や相手に対して、くよくよと悩むことはないでしょう。

 

そして、あなたがあなた自身にどのような目を向けているかを振り返ってください。そこから見えてきた軸は、あなたの人生の羅針盤となります。

スポンサードリンク


関連ページ

中学2年生でもわかるストレス
目に見える行動よりも「なぜ」を知ろうとすること
ストレスのサインをキャッチし、心身ともに元気でいるために
誰にでも生じる可能性のある「トラウマ」とはナニモノか
自分について語ることは、心の浄化になる
やる気や欲望にふりまわされないために
感情を自分の都合の良いようにねつ造していませんか
しなやかな心を育てよう
あなたの原風景に秘められている人生の可能性
孤独との付き合いかた
感情をコントロールするのではなく、感情を作り出すことでストレスとうまく付き合う
こころが汚染されやすい現代にどう生きるか
悩みと向き合うことで、人生は豊かになる
苦手意識は自信に変えられる
記憶している苦しみから解放しよう
自分の中の「妬み(ねたみ)」を見つめてみよう
自分の中の「嫉妬」とうまく付き合うために
あなたの中の柔軟性を生かして成長するために
相手の嫌なところばかりが目についてしまうとき
なにかを変えたい、改善したいと思っているのにできないあなたへ
不安に陥りやすい人、周囲が知っておくとよいこと
「自分には価値がない」と思ってしまったときの切り抜け方
自分は精神や心の病ではないか?と不安に感じたとき

TOP 代表あいさつ お問い合わせ