サイト名 | キーワードを3、4つ書く

なぜ「ありのまま」が大切なのか

ありのままの自分というと原点本質真実という言葉が浮かびます。自分らしさとは似ているようで違っています。

 

最近、「ありのままの自分を受け入れましょう」、「ありのままの自分で生きる」というフレーズをよく耳にします。「ありのまま」が大切なのはなぜでしょうか。事例とともに見ていきます。

 

 ケース
25歳の女性です。幼少期から父親の仕事で海外生活を送り、その後一流大学を卒業し、大手企業の総合職につきました。得意の英語を活かし、仕事での実績もあり上司からの信頼を得られるようになりました。

 

朝早くから夜遅くまで働き、休日出勤することもあります。身体はきついですが、仕事に面白さを見出し、毎日充実した日々を送っています。

 

Aさんには悩みがあります。どうしても会社の人間関係になじめません。幼少期からの長い海外生活の影響からか、集団で行動することに苦手意識を持っています。また、自分の意思や意見ははっきりと伝えます。

 

英語が堪能で仕事もできるため、上司にはかわいがられますが、仕事がうまくいけばいくほど同僚からは良い感情を持たれません。この先のことを考えると、和を大切にする日本の企業文化になじんでいく必要もあると考えました。

 

Aさんは会社の人たちとうまくやっていくために、仮面の自分を演じるようになります。確かに同僚から飲み会や休日に誘われることが増え、会社でのコミュニケーションもスムーズになりました。

 

一方で、本来の自分ではないため、今までなかったような疲労を感じ、休日も一日中寝て終わってしまうことが増えました。

 

次第に人と関わることが嫌になり、出勤前になると原因不明の頭痛や腹痛を感じるようになります。3か月後、Aさんは出勤拒否となってしまいました。

 

 にせものの心がもたらすもの
Aさんに何が起きていたのでしょうか。また、どうすればよかったのでしょうか。本来のAさんは、仕事もプライベートも上手にバランスを取り、集団に群れたりせず淡々と自分のやるべきことをこなし、努力するタイプです。けして和を大切にしていなかったのではありません。

 

しかし、周囲からのマイナス感情に耐えられず、にせものの自分を演じます。それがAさんの苦しみのはじまりです。

 

偽りの自分を演じることは、自分の心の声や、今まさに沸き起こっている感情を否定することです。偽りの自分を続けていると、次第にそれが当たり前になり、自分が感じていることが、どういうことなのかわからなくなります。

 

しかし嘘をついたままの心には負荷がかかっているため、時間が経つにつれ体の症状となって表れます。肩こりや腰痛といった初期症状から、身体全体の倦怠感、消化不良へと変化します。

 

こうした体のだるさは精神まで影響し、やる気が起きない、気持ちが落ち込むといったことが続き、出社拒否や対人恐怖といった症状に至ります。

 

周囲に合わせるという自己犠牲を払ったAさんの代償は、とても大きくなってしまいました。違和感を抱き始めた段階で、誰かに相談できたら良かったのかもしれません。

 

 自分らしさを中心に考える
にせものの自分でいることは、自分とは違うサイズの洋服を着ていることと同じです。目に見えないことが気づきを遅らせます。

 

あなたがあなたらしく、ありのままの自分でいられるときはどのようなときですか。誰といるときですか。そのときあなたはどのような表情をしていますか。想像してみましょう。

 

人は人の中で生きていく動物です。人の目や周囲の声に合わせることを考えるのは誰にでもあることです。しかし自分を偽ってまで合わせる必要はありません。
 
自分らしさを中心において、変えるべきことはなにか、変えなくてよいことはなにか、そして周囲に助けを求められるものはなにかを整理して考えることが大切です。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ