サイト名 | キーワードを3、4つ書く

本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか

家庭で、電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるのと同じように、人間もエネルギーを使いすぎると疲れ果ててしまいます。

 

しかし、人間はブレーカーが落ちてすぐに使えなくなるのではなく、疲労している機能をほかの機能が補おうとします。そのため、本当は休息が必要な状態なのに、動き続けることができます。そうしているうちに身体やこころが悲鳴をあげ、気づいたときには病気になってしまいます。

 

私たちは、学校教育や組織でがんばることを教えられてきました。人一倍がんばることが、大きな結果を生むと信じています。たしかに、がんばることは悪いことではありません。しかし、がんばりすぎてしまうことに問題があります。

 

がんばるとは「忍耐して、努力しとおす、気張る」とあるように、人間が持っている底力を出すことです。常にこの力を出し続けていけば、ものごとを達成する前に疲れ果ててしまいます。ここでは、がんばりのバランスを取りながら豊かな人生を送るためのヒントについて考えていきます。

 

 自分の傾向を知る
あなたは、どのような性格や行動の傾向を持っていますか。以下に、ポイントを挙げていきます。

 

大丈夫」、「がんばります」が口ぐせ
周囲から気遣いの声をかけられたとき、ついこの言葉を返しています。責任感が強く、まじめな人に多く見られます。

 

周囲の評価や結果が気になる
日本の学校教育では、周囲から評価されることを身につけてきた私たちは、評価されることに慣れてしまっています。評価するに値するだけの結果を出すことも求められてきました。評価されなければ物足りないと感じます。

 

その感覚が染みついているため、評価や結果を出すまでがんばり続けるくせが付いています。良い評価や結果が得られなければ、得るまでがんばってしまいます。

 

結果が出ても「まだまだ」と思う
人の評価が基準で動いている人に多く見られます。周囲からの良い評価や、ある程度の結果を出しても、「まだまだ」とがんばります。「自分はここまでやった」と認めることができないため、がんばりの終着点を見失ってしまいます。

 

 自己評価するくせをつけよう
がんばりすぎる人の傾向を見ると、だれにでも一つは当てはまるかもしれません。共通するのが、周囲の評価が原動力になっている点です。

 

他者評価ではなく、自己評価するくせをつけていきましょう。他人と比較したり、周囲の評価が自分の評価となっている人は、ものごとがうまくいかなかったり求めているものが得られなかったりすると、いとも簡単に自信を失います。

 

そして、「これまで〜のためにがんばってきたのに」、「あんなにやってきたのに」と」怒りや憎しみが爆発します。さらに自信を失うという、負のスパイラルにはまってしまいます。

 

どんな自分でも、今の自分を受け入れることが自己評価を高めます。そして、他者と比較するのではなく過去の自分との比較をすることで、よりよく生きようとする自分が見つかります。

 

 何のためにがんばっているかを明確にする
がんばりすぎる人は、がんばっていること自体や他者の評価が、取り組む目的となっています。それでは、どんなにエネルギーの高い人でも疲れ果て、結果が出る途中で投げ出してしまいます。

 

今、やっていることは「だれのために」、「なんのために」やっているのかを明確にしましょう。それが明確になったら、次は「なぜそれをしているのか」を考えてみましょう
やっていることの目的を考えることによって、自分が本当にやりたいことが見えてきます。

 

 時々休息する
一度染みついてしまった考え方や行動の傾向は、すぐには変えられません。がんばりすぎる人は、休息を悪と思いがちです。しかし、そのような人こそ、休息する習慣を取り入れてみてください。

 

長期休暇を取らなくても、ランチタイムや移動時間の使い方の工夫によって休息を取ることができます。

 

今、あなたががんばっていることは無駄ではありません。取り組んでいることの目的を明確にし、時々休息を取り入れて視野を広げましょう。そのことによって、あなたが本当に望む方向に向かうことができます。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ