サイト名 | キーワードを3、4つ書く

過去の逆境をエネルギーに変える

誰にも過去があります。過去があって今があり、そして未来につながっています。これは変えることができない事実です。

 

「過去」と聞いて、あなたはどのような想像をしますか。自分のことを思い出しましたか。そこに家族がいましたか。もっと大きく、世界や地球の過去について考えましたか。ここでは自分の過去に焦点を当てて考えていきます。

 

 時には過去を振り返ってみる
結婚式や葬儀や正月などで親戚が集まったとき、「あんたは小さいときやんちゃ坊主でねぇ」「本当に手のかからない子だった」と幼少期のことが話題になったり、同窓会で久しぶりに中学の同級生と再会したときなど、昔話に花が咲くことがあります。

 

大人になると、まして仕事をしていると、自分が幼少期にどんな子ども時代を過ごしていたかを思い出す機会はほとんどありません。

 

毎日忙しく働きまわり、休日も満喫し、すべてが順風満帆で充足した人生を送っていると満ち足りた思いで生きている人は、ごくわずかです。

 

むしろ休息も満足に取れず、あふれる情報に振り回されていて、日々のストレスは職場仲間との愚痴大会となっている飲み会という人の方が多いかもしれません。

 

また、付き合いで参加するサークル活動、一緒に過ごしていて楽しいけれど本音は話したことがない仲間との付き合い、休日は昼まで寝てゴロゴロ過ごすのが当たり前、という方法で気分転換する人は多いです。

 

久しぶりに早く仕事が終わった帰り道、ふと月を見上げて「自分はいったい何のために生きているのだろう」、「本当は何がしたかったのだろう」と思ったことはありませんか。自分の内面に迫るこの問いかけに、あなたはどう反応していますか。

 

「表面的な付き合いばかりして本音で話せる友達はいない」、「毎日仕事に追われて何やってるんだろう」、「こんな自分はだめだ」というネガティブ思考回路に陥ってしまうと、どうしようもありません。結局はいつも通りの発散方法を繰り返してしまいます。

 

こんなとき、ネガティブ思考回路から抜け出すための効果的な問いかけがあります

 

●小さい頃、自分はどんな子どもだったか。
●どんなことで満たされていて、どんなことに満たされていなかったか。
●何が得意だったか。
●どんな夢を持っていたか。
●どんな大人になりたいと思っていたか。

 

このように、上記の質問を自分に投げかけることで、物事を肯定的にとらえることができるようになります。

 

 楽しいことばかりではないからこそ、人としての深みが増す
何もない過去なんてありません。一流といわれる人も、テレビではキラキラして映っている人も、順風満帆な過去があったから輝いているわけではありません。むしろ壮絶な過去を持っていたりもします。

 

「自分は暗い過去を持っているからダメなのだ」、「あの人は、何もないきれいな過去だからキラキラしているのだ、自分とは違う」と、自分と他人の過去を比較することに意味はありません

 

先ほどの効果的な問いかけをすることで、あなた自身の過去を見つめてみましょう。そしてできれば、それらを書き留めておくといいでしょう。辛い思い出ばかりが上がってくるかもしれません。その場合は、そこにともなってあふれ出る気持ちをそのままにして、書き続けてみましょう。

 

その作業から、「自分はこんな人間だったのだ」、「本当はこんなことがしたかったのだ」という気づきを得ることができます。

 

もっと自分のことを知りたいと思えば、自己啓発や心理学の本を読むのもいいでしょう。また、より深く自己分析したいと思えば思い切ってカウンセラーの扉を開けてみてください。

 

成功者の過去には、共通した出来事があると言われています。それは「逆境」です。障害、虐待、離婚、倒産、多額の借金などが挙げられます。彼らが成功者となったのは、逆境をパワーに変えたからです

 

あなたの過去にあった「逆境」は何ですか。それをパワーに変えてみたら、どんな未来が描けるか、一度考えてみてください。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ