サイト名 | キーワードを3、4つ書く

自分探しが目的になっていませんか

私たちは、がんばることが美徳とされ、苦しくても弱音を吐かず、やり続ける人は素晴らしいと教育されてきました。その通りです。どんなに苦しくても笑顔の人や、弱音を吐かずに努力をしている人は、必ずなにかを成し遂げていますし、多くの人から尊敬をされています。

 

誰もが、「自分もそんな人になりたい」と一度は憧れ、努力します。しかし、9割の人は「自分には向いていない」、「自分とあの人は違う」、「自分のやりたいことではなかった」と途中であきらめてしまいます。

 

「がんばることが当たり前」の感覚が染みついている私たちは、あきらめたあと「休んでいてはいけない」と思い、すぐに、再び夢中になれるものを見つけないと自分に自信を無くしてしまいます。

 

ここでは、「夢中になれるもの→がんばる→あきらめる→探す」というパターンを自分探しサイクルと呼ぶことにします。

 

自分探しサイクルを繰り返している人は、ふと振り返ると、なにも残っていないことに気づきます。そして、「自分はいったい何をしてきたのだろう」と無力感におちいります。自分探しサイクルを変えるには、どのような知恵と工夫が必要か考えてみます。

 

 目的と目標の違いを整理する
目的と目標は、似ているようですがまったく異なります。この違いを意識していなければ、自分が望むものは手に入らないと言っても過言ではないでしょう。

 

目的は、壮大で抽象的なものであり、最終地点であり、ひとつしかありません。例えば世界平和や社会貢献といったものです。

 

目標は、目的を叶えるための手段や、その道筋です。目的に向かうためにクリアする課題であり、目的や自分の能力によって目標の数も変化します。

 

例えば、ある人が世界平和という目的のために、インターネットを使ってなにかを販売する会社を起業しようとします。しかし、起業がうまくいかず、起業の途中で協力してくれる人がいなくなってしまいました。

 

ここで、世界平和という目的はあきらめず、新しい協力者を探したり、販売するツールを変えたり、インターネットという手段ではない方法を探したりします。

 

このように目標は、状況によって柔軟に変えたり、進化させたりすることはあっても、目的をあきらめる必要はありません。また、目標には大小あります。大きな目標に向かっていて挫折することはあるかもしれませんが、目的を見失うことがなければ、別の道のりを考えればよいだけです

 

 はっきりとした目的があれば手段はなんでもよい
自分探しサイクルを繰り返している人が、なにかをするときの目的は、自分探しです。そして、根本には自信のなさや認められたいという欲求があります。その欲求を満たすことが目標であり、自分探しを目的にして行動しているとき、ものごとがうまく進み、成功したとき、満たされるのは自分です。

 

自分という核ができていないために同じパターンを繰り返し、無力感におちいるのは、自分探しが目的だからです。

 

自分の核ができている人は、自分を成長させることを目標に置いていても、自分を探すことを目的にはしていません。彼らの視線の先は、自分を中心にしたより広い世界を捉えています。失敗や挫折をしても、彼らがあきらめないのは、目的の中に自分を置いていないからです。

 

社会貢献や世界平和といったスケールで、目的をとらえます。そして、そのためになにをするのか、自分はどう変化し、成長する必要があるか、今の自分と厳しく向き合うことを目標として意識しています。

 

自分がなにをするか、ということが目的ではありません。目標は、目的を達成するためにやるべき行動や道筋です。自分はどうあるのかという成長した状態を考えています。

 

 なにをがんばるのか、なにを休むのか整理しよう
目的と目標の違いを整理し、自分のそれが決まったら、あとはなにから始め、どう進めていくかという道のりづくりです。道のりの途中でたいせつなことは、がんばることと休むことを整理することです。

 

最終目的地まで、休みなくがんばり続けることは不可能です。途中で、水や栄養のある食べ物を捕球して、十分な休息をとることが不可欠です。

 

がむしゃらに行動する前に、あなたの目的に向かう道のりの途中に、どのような休息やがんばりが必要なのか、考えてから行動に移しましょう。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ