現代社会には大量の情報があふれているにも関わらず、道具さえあれば、誰でも簡単に手に入れることができます。

 

健康や料理のしかた、外出先でのレストランの場所など、私たちは疑問が湧いたとき、スマートフォン一つあればすぐに調べられます。

 

たった一日でもSNSを見ないでいると大量の情報がたまり、それらを全部見ようとするとかなりの時間を必要とするほどです。

 

公共交通機関を利用していると、多くの人がスマートフォンを片手に下を向いている光景が当たり前になっています。

 

ほんの10年前、2000年に入ったころには想像できない光景でした。情報化社会と言われた当時ですら、自分が興味関心のあるものを深めるためには、ある程度の時間と労力を要したものでした。

 

便利になった一方で、仮にスマートフォンやSNSを利用していなければ必要としていなかった、あるいは見ることがなかった情報にも触れることができてしまいます。

 

「できてしまいます」と後ろ向きの表現を使ったのは、できてしまうことによって、する必要がなかった行為や感じる必要がなかった感情があったと考えるからです。

 

今回は、必要としていなかった情報を得てしまったために起きた出来事や感情を取りあげ、自分を解放し、自分らしく生きていくためのヒントについて見ていくことにします。

 

 事例〜Kさん 35歳女性〜
Kさんは金融会社に勤めて15年が経とうとしています。同年代と比べても給料や待遇もよく、高校や大学の同級生からは常々うらやましがられてきました.

 

結婚退職する女性の多い現場ですが、Kさんは独身で仕事も出来るため、本社勤務や海外派遣も経験しました。

 

さばさばとした性格ゆえに、性別問わず好かれ、頼りにされる存在です。

 

休日は趣味や習い事をしたり、友人と旅行に行ったりと充実しています。結婚に縛られず、自分の時間やお金を自分の好きなように使いたいというのがKさんの考え方です。

 

一見、自分の思い通りの人生を歩んでいるように見えるKさんですが、実はいつもなにかに不満と焦りを感じています。

 

数年前から不満や焦りを感じていたものの、見て見ぬふりをして過ごしてきました。しかしSNSを始めてから浮き彫りになり、見ないふりができないほど不安が募るようになりました。

 

Kさん自身も楽しく過ごしたり、新しいものに出会ったり学んだりしたものをSNSに載せてきました。

 

しかし、知り合いが同じようなことをしていると、うらやましいという気持ちや、自分は何をしているのだろうかという無力感が湧いてしまいます。

 

仲の良い友達が楽しそうに遊んでいるのを見て、「自分は誘ってもらっていない」という思いを抱き、時には怒りすら覚えることもありました。

 

また以前から「不満や焦りを感じている自分を何とかしなくては」とSNSで紹介されている勉強会に手当たり次第に参加してみたこともあります。それでも満たされることはありませんでした。

 

 Kさんに何が起きていたのか
元々、Kさんには不満や焦りがありました。仕事で活躍したり、プライベートが充実していても感じてしまいます。

 

もしかすると仕事やプライベートを充実させることによって、その不満や焦りに直面することから逃げてきたのかもしれません。

 

そして「もっとよりよい人生を送りたい」という思いから始めたSNSによって、自分自身が揺らいでしまいます

 

自分に必要のある情報を得られる一方で、必要のないものまで入ってきます。SNSを通して自分と人とを比べることになり、元々揺らいでいた自己価値がさらに揺らいでしまったということです

 

それがさらなる不満や焦りを生み出しました。しかし、比べるという行為から得られるものは新たな不満や焦りしかありません。

 

 Kさんから学ぶこと
Kさんは、人と比べないということができれば良かったのかも知れません。しかし、これを行動に移すことは、実はとても困難です。

 

私たちは学校教育の中で、人と比べられて育ち、人と比べることで自分の安定を保ってきた経験があるからです。

 

人と比べる以前に、元々感じていた不満や焦りに直面することから逃げていたKさんがいます。まずは原点に戻り、勇気を出して自分と向き合うことが必要です。

 

そして「なぜ自分を変えなくてはいけない」と感じているのかを考えることです。変わらなくてよい人などいません。

 

しかし、変えなくてはいけないものが何かをわからずに、変わることばかりを考えると苦しみや焦りばかり感じてしまい、うまくはいきません

 

自分と向き合う勇気を持つこと、今自分がやろうとしていることの目的をはっきりとさせることによって、自分軸を持つことができます。

 

そして、あふれる情報に振り回されず、自分の道をしっかりと歩むことができるようになります。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜
人とわかりあうために知っておくべきこと
人間関係を良好に保つために〜相手が話しやすい環境を作る〜
ゆるやかなつながりの中で自分らしく生きる
あなたの中の「なんとなく」を信じよう
もやもやしたときには、思い切って相手に気持ちを伝えてみよう
うまくいかないストレス発散パターンは、あなたの過去の心の傷である
人間関係がめんどくさいと感じたとき、断捨離の考え方が効果的である
「なぜ」を考えることで相手を理解しよう
アファメーションを習慣化して、しなやかで強い自分になる
自分がコントロールできることに集中して、人生の質を高めよう
あなたの人生のプロフェッショナルは、あなたしかいない
過去の失敗や負の感情と向き合うことの意味
人間関係を良好に保つために〜共感の落とし穴〜
自分の中にある弱さは、あなたのせいで作られたのではない

TOP 代表あいさつ お問い合わせ