サイト名 | キーワードを3、4つ書く

「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと

会社や組織で働いた経験のある人は、一度くらい「仕事を辞めたい」、「職場を変えたい」と思ったことはあるでしょう。

 

働き方が多様化している現代、ひとつの会社で定年まで働くという人は少なく、自分のライフステージや成長に合わせて転職することが当たり前になっています。

 

2014年10月から2015年3月に転職活動を行った人は、約3万人に上ると言います。その理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」で4年連続、2位が「会社の将来性が不安」、3位が「給与に不満がある」となっています。

 

また、平成25年に厚生労働省が発表した調査によると、退職者は一年を通して718万人にも達し、多い理由は「労働時間等の労働条件が悪い」、「収入が少ない」となっています。

 

調査上の結果ですが、転職や退職を決めた人たちの内面には、不安不満があることがわかります。さらに深く見ていくと、「環境を変えれば今よりもっと良くなるのではないか」という、将来への希望期待を見出しているとも受け取れます。

 

また、海外留学をしたり、制度を使って働きに出るという若者も増えています。彼らは、「世界に飛び出して新しい自分を見つけたい」、「未知の世界に挑戦したい」という希望を抱いています。

 

将来や新しい世界に、希望や期待を見出すことは、素晴らしいことです。しかし、環境をだけを変えても、あなたが期待するような結果は得られません。「環境を変えよう」と決めたとき、あなたが望む結果を手に入れるために、あなたがするべきことについて見ていきます。

 

 環境だけを変えても変わらないのはなぜか
「転職をして仕事や環境を変えてよかった」と満足をしている人も多いでしょう。海外に行って、日本では経験できないような体験や出会いをし、一回り成長して帰ってきた人もたくさんいます。

 

一方で、「やっぱりここではない」、「やりたいことは別」と同じような理由で転職を繰り返している人、海外に行っても同じ境遇の人もいます。

 

環境を変えると、そこにいる人や物も変わります。すると、目に入る景色や情報、使われている言葉も変わります。あなたがこれまで使っていた思考回路や価値観を変えなくては、新しい環境に適応できません

 

この思考回路や価値観の変化によって、内面に揺らぎが起こります。環境を変えようと決めたときの期待や希望よりも、緊張や不安が強くなります。また、どの環境においても、心地の良いことばかり起こるわけではありません。失敗や上司による注意や指導、人間関係に支障が出ることもあるでしょう。

 

このように、緊張や不安が強くなったとき、あるいは失敗や人間関係にひずみが生まれたとき、あなたがどう捉えるかによって、環境を変えて成長する人とそうでない人の差が生まれます。

 

環境を変えても変わらない人は、「相手が悪い」、「やっぱり前の方がよかった」、「自分が一生懸命やっているのに」と相手や環境を批判し、自己正当化します。結果的に成長することができません。

 

 なんのために、なにを求めて環境を変えるのかを明確にする
せっかく環境を変える勇気を持ったのならば、大きく成長したいものです。決心したとき、期待や希望は持っていたはずです。

 

たいてい人は、新しいことを始めるとき「自分が変わりたいから」、「新しい自分になりたい」という期待や希望を抱いています。しかし、それはあまりにも漠然としすぎています。

 

「どのような自分になりたいのか」を具体的にイメージする必要があります。例えば、収入が不満で転職する場合、目指す金額(月収や年収)を具体的に示します。海外に行って英語を勉強したい場合、どのくらいのレベル(例えばTOEICで何点取る)まで上達するかという目標を掲げます。

 

失敗や人間関係の不調といった、あなたのモチベーションが下がりそうなことが起きても目標を明確にしていれば、すぐに立ち直り、取り組むことができます。
 
環境を変えるとき、明確な目標を持つことで、あなたが望むような期待や希望は必ず手に入ります。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ