サイト名 | キーワードを3、4つ書く

自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう

一流のアスリートは、呼吸を大切にしているといいます。最近では、ヨガやビラティスなどのリラクゼーションで、その大切さがクローズアップされるようになりました。あなたは日頃、どのような呼吸をしていますか。ここでは、呼吸について詳しく解説をしていきます。

 

 呼吸とはなにか
私たちが日ごろ当たり前に行っている呼吸ですが、実は人間の感情ととても深い繋がりがあります。発表会や舞台に立つ前には息が荒くなったりしますし、自分が悪いことをしている感覚のときには、息をひそめようとします。呼吸を整えると気持ちも落ち着きます。このように、呼吸は私たちの心と体を結び付けています。

 

呼吸には「生きるための呼吸」と「吐く呼吸」の2種類があります。生きるための呼吸は毎日当たり前に行っているもので、脳の呼吸をつかさどる部分が調整をしています。

 

吐く呼吸は、まず息を吐き、肺から息を吐き切ることで自然と肺に空気が入ってくる、というものです。これは、大脳の中にある言葉を操る場所が指令を出して行っています。このように、この二つは全く違う役割を持っています。

 

 日本人に身近な呼吸
農耕民族だった日本人にとって、呼吸は昔から大切にされてきたものです。くわで畑を耕す、井戸から水をくむ、稲をかる、重いものを上げたり下ろしたりする、まきを割る……そのような作業の最中には、息を止めたり深く吐いたりという行為が必ずあります。

 

生活の中で、生きる呼吸と吐く呼吸が自然と取り入れられ、横隔膜が大きく上下して動かされていました。現代は文化や機器が発達し、上記のような機会は少なくなっています。同時に、私たちの呼吸も浅くなっています。

 

 呼吸を意識してみよう
大人になると生きる呼吸はしていますが、深呼吸をする機会はほとんどありません。まずは、日頃自分がどのような呼吸をしているか、意識してみましょう。

 

パソコンや携帯電話などを使っているときには背中が丸まり、浅い呼吸しかできていないことに気付きます。その状態が長時間続くと、深い呼吸ができなくなってしまいます。

 

まずは、おへその下あたりにある丹田を意識して3秒で息を吸い、3秒おなかの中で空気をため、15秒くらいかけてゆっくりと長く息を吐くという呼吸をしてみましょう。特に息を吐くということに意識してみてください。慣れてきたら朝昼晩に3セットずつやってみてください。

 

この呼吸法は、リラクゼーションやカウンセリングの場面でも取り入れられています。
実際に「学校行きたくない」、「夜になるといろいろと考えて眠れなくなる」という小学生に試してもらったところ、身体の力が抜けて眠れるようになり、登校しぶりが改善したという事例があります。

 

緊張が高く、人前で発表しなければいけない授業の時になると必ずおなかが痛くなるという中学生に、1週間前から呼吸法を実践してもらったこともあります。その結果、腹痛を訴えることがなく、緊張も軽減したという事例もあります。

 

 なぜ呼吸を変えると心身が変わるのか
長くゆっくりと吐くことで、脳の中にある衝動を抑える神経系が働きます。セロトニンは主にストレスに関する神経に働きかけて、安定した心理状態を保つのに大切な役割を果たしています。

 

最近では、感情をコントロールできない人が増えていると言われています。そこには浅い呼吸しかしていないことが影響しています。

 

仕事に追われて焦ったり、何もかも嫌だと放り投げたくなったり落ち込んだり……そのようなときは丹田を意識した呼吸をしてみましょう。

 

身体を動かすと、自然と深い呼吸が行われます。仕事の合間の軽いストレッチ、トイレに行った際に10回程度のスクワット、あるいは昼休憩の間に、空をあおぎながら外を歩いてみてください。

 

このように行動習慣を変えることで、呼吸を変えることができます。呼吸をうまく役立てることで、気持ちや意識、行動を調整することが可能になります。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ