サイト名 | キーワードを3、4つ書く

人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える

「後悔先に立たず」といわれるように、後悔は誰もが避けたい行為のひとつです。「もし事前に気付いていれば、よりよい結果を得られていたかもしれない」という思いが、私たちを落ち込ませます。

 

私たちは、なにかに取り組むとき「これでよかった」、「思い通りに進んだ」という結果を求めます。終わったあとに「ああすればよかった」、「こうすればよかった」と気づいても、終わってしまった事実を変えることはできません。そして「後悔してもしかたがない」と頭ではわかっていても、気持ちを引きずってしまうのが人間です。

 

  なぜ後悔を避けたいのか
気になっている女性に懸命にアプローチをして、交際することになった20代後半の男性です。素敵な女性でしたし、年齢的にも結婚を視野に入れていました。

 

はじめのうちは女性の気持ちを聞いたり、女性が喜ぶ場所やレストランに行ったりと、女性のために尽くしていました。次第に、自分の気持ちを抑えて女性を優先していることにストレスが溜まっていきます。さらに、「早く結婚したい」という焦りもあり、彼女の気持ちを考える余裕をなくし、結果的に1年で関係は破たんしてしまいました。

 

男性は、自分の気持ちを抑えていた自分を悔やみます。「初めから自分の気持ちをオープンにしてお付き合いしていれば」、「あのとき焦らなければ女性と結婚できていたかもしれない」と思うと、どうしようもない気持ちがぐるぐると回ります。

 

自責の念にかられるのが苦しくなると、「女性がもっとこうしてくれていれば」、「自分のことを理解してくれていなかった」と今度は相手を責めます。自分を責め、相手を責め、それでも解決しなければ、他のなにかに原因を求めるという苦しみのサイクルに入っていきます。

 

原因や責任を他のなにかに探し求めているうちは、そのサイクルから逃れることはできません。後悔はしたくないけれど、気づけば自ら苦しみのサイクルを生み出してしまうという矛盾が私たちを縛ります

 

 後悔のなかにあなたの課題が表れている
後悔している時間が長ければ長いほど、解決への道は険しくなります。先ほどの男性は関係が破たんした後、どうしたらよかったのでしょうか。

 

ものごとがうまく行かなかったとき、そこには必ず自分の課題が反映しています。男性の「はじめから自分もこうしたいという気持ちを伝えていればよかった」、「あのとき感情的になっていなかったら……」という後悔の念には、気持ちを抑えている自分や感情的になりやすい自分という課題が表れています。

 

おそらく、男性はこれまでの人生において、形を変えて同じような失敗を繰り返してきたでしょう。後悔しながらも、なんとなく自分の課題には気づいていたものの、向き合うことをせず後悔を引きずってきた結果、同じ失敗を招いています。

 

 後悔を学びに変える
後悔から見えた課題は、これまでの人生で解決できていない問題です。男性の場合は、幼い頃から自分の気持ちをおさえがちでした。そして時間がたつと、おさえこまれていた気持ちがなにかのきっかけで感情があふれ出してしまうというパターンを繰り返していました。

 

この先の人生で、同じ失敗を繰り返したくなければ、自分の課題としっかりと向き合うことです。向き合うとは、課題がどこからきたのか考えることです

 

いつからそのパターンが身についてきたのかを見つめていくと、課題を身につけざるを得なかった過去と出会います。それが見えたとき、そこには自分らしさを失い、生きづらさを感じていた自分がいるはずです

 

まずは、その自分を受け入れましょう。次に、自分らしさではない自分で、これまで精いっぱい生きてきた自分を褒めてあげましょう。最後に、自分らしく生きるとはどういうことかを考え、これからの人生は自分を大切に生きることを意識してください。

 

このサイクルを身につければ、この先うまくいかないことがあって後悔をしても、そこから学び成長していくあなたが生まれます。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ