あなたの中の「なんとなく」を信じよう

私たちは生きている上で、日々、選択と確認を繰り返しています。今日着る服はどうするか、朝ごはんは何を食べるか、夕食は家で食べられそうかという日々のことから、一日の仕事のスケジュールに合わせてやるべきことを確認したり、必要なものをネットで調べて比較し、購入するなどあらゆることに選択と確認が関わります。

 

また、人間関係においても同じです。例えば、友人に食事や遊びの誘いを受けたとき、行くか行かないかということから、どこに何時に行くのかということも決める過程には選択と確認が繰り返されています。新しい仕事の依頼が来たときも、受けるかどうか、契約内容はどうするかなど、同様の作業があります。

 

選択や確認の先に、結論があります。結論を出すために、人は必ず自分で決めるということを内的に行っています。なにも考えず、「ただ人から誘われたから」というだけではありません。仮に、そんなことをしていたら、あらゆる予定が重なり、パニックになってしまいます。

 

あなたは、どのようなものを基準にして選択や確認をしているでしょうか。自分の中に確固たる価値観があり、常に自信を持って、自分の強い意思で決めているという人もいるでしょう。中には、「よくわからないけれど、なんとなく」と、自信があるようには伝わらない人もいるでしょう。

 

今回は、自分の中の「なんとなく」という感覚に注目し、その感覚がもたらす効果について見ていくことにします。

 

 「なんとなく」が表すもの
原因はわからないけれど、なにかもやもやしているとき、人は「なんとなくモヤモヤする」、「なんとなく嫌な感じ」と兆候を察しています。また、友人から誘いがかかったときに、「なんとなく気が乗らない」と断ることもあります。

 

「なんとなく」を理由にして、選択や確認をするとき、人は過去の経験を参考にしています。例えば、これまでの経験があるから風邪の兆候がわかり、その友人の誘いに気分が乗らないのは、友人との性格の違いや遊び方の感覚の違いなどを、経験を通して感じているため、気が乗らないという結果になります。

 

はっきりとした理由はないけれど、体験を通して得た感覚から判断しようとするとき、「なんとなく」という言葉を使います。「なんとなく」とは、自分にしか得ることができなかった体験を通しているため、とても個人的な状態を表しています。

 

 「なんとなく」の感覚が大切
自分のしたいことをする、はっきりとした人生の目標を持つということが評価される傾向の強い現代です。自分の価値観を持ち、確固たる意志を持って選択や行動をすることが大切ということが言われるようになっています。「なんとなく」生きている、「なんとなく」決めたという人は、どこか冷めた目で見られてしまいがちです。

 

確かにその通りです。選択の積み重ねが、毎日を作り、人生を作ります。ひとつひとつに、強い意志や理由を持って決めることはとても大切なことです。一方で「意思や理由をはっきりと持たなければならない」というしがらみによって、行動をするための理由や意思を探すことに時間やエネルギーを費やしている人を多く見かけます。

 

また、「意思や理由を持って決めたことだから、最後までやらなければならない」と頑張りすぎ、自己中心的になって人間関係がぎくしゃくしたり、自分自身が疲れ切ってしまったという人もいます。

 

朝食の内容を決めるのに、それほど強い意思や理由を持たないように、決断に対して負荷をかけすぎないことを意識してみることも大切です。これまでの経験を踏まえた、「なんとなく」の感覚に注目して、ゆるやかに決めていくことによって、リラックスして物事に向かうことができます

 

力まずに、力を抜くことでうまくいくこともたくさんあります。そして、自分にも、他人に対しても、割に合ったものを求める視点が持てます。「なんとなくやってみたらうまくいった」という結果は、自信をもたらすと同時に、力んでいないため人間関係もうまくいくという相乗効果ももたらします。

 

時と場合によって、あなたの経験知で積み上げた「なんとなく」の感覚を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜
人とわかりあうために知っておくべきこと
人間関係を良好に保つために〜相手が話しやすい環境を作る〜
ゆるやかなつながりの中で自分らしく生きる

TOP 代表あいさつ お問い合わせ