人とわかりあうために知っておくべきこと

人とわかりあうことは簡単なようでいて、実はとても奥が深く、難しいことです。どんなときでも、誰とでも、わかりあうことができれば、世の中の問題や悩みの半分以上は解決してしまうでしょう。

 

私たちは家族や愛する人、親しい友人といった身近な存在とは、自分を知ってもらうだけでなく、相手のことも知り、良い関係でありたいと願います。一方で、もっとも身近な人との間で感情は爆発しやすく、トラブルも起きやすくなります。

 

相手がペットならば、スムーズな意思疎通は求めていません。一方的に「かわいい」と思い、自分がかわいがりたいときに世話をします。ペットがこちらの意思にそぐわない行動をしても、例えば寝ているのを邪魔されたときなど、ペットに怒鳴り散らしたりはしません。

 

これは、ペットを自分と対等な存在とは見ていないために成立する関係です。世話をする存在、かわいがるものとして認識しているため、おかしな行動をしても納得し、許すことができます。

 

人間同士の場合、ペットのようにはいきません。事前にお互いに冷静に話し合おうと決めていたにもかかわらず、結局は感情的になり、言い合いになってしまうこともあります。あるいは、自分が話したことに対して、他者からの称賛羨望励ましといった反応を求めてしまいます。

 

コミュニケーションをしているうちに、冷静であろうとしたことをすっかり忘れ、目の前のことに反応してしまうのが人間です。なぜ、わかりあうことが難しいのでしょうか。ここではその要因について見ていくことにします。

 

 習慣が変化の邪魔をする
私たちにはそれぞれ体に染みついた習慣があります。例えば、朝起きてから家を出るまでの習慣について、細かい点まで挙げれば、誰かとまったく同じ習慣を持っているということはないでしょう。

 

同じように、人の話を聞くときのくせや、考え方の傾向、反応のしかたといった習慣があります。付き合いの長い人や自分を理解してくれている人とは、これまでの習慣で会話をしても大きなトラブルにはならないでしょう。

 

しかし新しく出会った人、なんとなくうまく関係が取れないと感じている人には、習慣が通用しないことがあります。そのとき人は、自分の習慣を変えずに、なんとか相手に理解してもらおうとします。

 

それが受け入れてもらえないとわかると、さらに強く相手に出たり、それ以上のコミュニケーションを取ることをやめてしまいます。これが、変化を止めてしまう最大の要因です。

 

 私たちは先入観を持ってコミュニケーションを取っている
あるテレビ番組でこんな実験をしていました。目の前に赤ワインが注がれた2つのグラスが置かれています。一つは一本800円程度のもの、もう一つは10万円を超えるものが入っています。

 

ワイン好きと言われる人に、どちらがいくらのものかを当ててもらうというものです。その人は、800円のものを10万円のワインと答えました。

 

この実験でわかるように、事前にその物の価値を知っていると、そのものに価値を置いて見る傾向があります。しかし、その価値がわからないと、ワインの味まで変わってしまいます。つまり、私たちは世の中の情報をあてにして、本当の価値というのものがどこにあるのかわかっていないということです。

 

コミュニケーションも同じです。誰もが「あの人は本当にすごい人」と言う人と会うとき、その人の身振り手振りや話していることすべてが素晴らしいと感じてしまいます。そして、その側面しか見えていないため、その人の良い面や他のくせなどが見えなくなってしまいます。

 

冷静さを持って、相手の話をじっくりと聴くというシンプルなコミュニケーションが成り立ちにくいのは、私たちはそれぞれが持っている習慣や先入観があるからです。その結果、相手の真意や、人間性の本質が見えていないことがあります。

 

人間関係において、自分がどのような習慣や先入観を持っていて、コミュニケーションにどのような癖があるのかを知ることが大切です。日々のかかわりを振り返り、まずは相手の話の聞き方から変えてみること、それが分かり合うことにつながります。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
人の役に立つ自分であるために
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ