サイト名 | キーワードを3、4つ書く

人の役に立つ自分であるために

対人関係で悩む人が増えている現代です。書店にはたくさんの自己啓発本が並び、カウンセラーや精神科医、癒しにかかわる人たちが急激に増えています。また、SNSにも、癒しにかかわる記事が大量に流れています。

 

情報が多すぎて、なにをしたらよいのかわからなくなっている人も多いのではないでしょうか。あるいは、さまざまなイベントやセミナーに参加して、できることを探している人も多いでしょう。

 

しかし、その場で気持ちは盛り上がり、満足は得られるものの、実際の行動に移す人はごくわずかです。本やセミナーで習ったことも、3日や1週間は実践してみるでしょう。しかし、時間がたつと自分のパターンに戻り、自己中心的に生きてしまいます。

 

私たちは、自分のかかわりや言葉で「誰かが元気になってほしい」、「人の役に立っている自分でありたい」と願います。人のために何かをすることは、自分の価値を見出しやすいからです。ここでは、言葉に注目し、人の役に立つこと、人を元気にすることについて考えてみます。

 

 「自分はなぜ人の役に立ちたいか」を考える
「困っている人の役に立ちたい」、「たくさんの人が自分らしさを取り戻して、自分らしく生きることをサポートしたい」という人が多く見られる時代になりました。

 

一昔前の日本は生きること、家族を養うことで精いっぱいでした。そのため、人を助けるというよりも、自分も周りも同じ苦労をしているから、お互いに支え合い、分け与えることが日常でした。

 

現代は、人と違うことや、「個」が問われる時代です。そのような背景が、人の役に立ちたいと思う人が増えている要因の一つです。

 

あなたが人の役に立ちたいと思う理由を考えてみてください。その理由が自己中心的であれば、どんな行為をしても人を助けることはできません。

 

例えば、「自分と同じようなつらい経験をしている人たちの気持ちがわかるから」、「資格をたくさん持っているから」、「お金を稼ぎたいから」という気持ちは、自分の中の足りないものを満たすことが目的となっています。

 

ここで注意すべきは、過去の経験を生かすことと、自分が経験したことと同じ境遇にある人を救うことは、目的も質もまったく違うということです

 

つらい経験やその自分と向き合い、感情レベルで整理をし、乗り越えられているかどうかが大切です。それができていなければ、同じ境遇の人を目の前にして、自分の体験談や感情を話してしまう危険性が伴います。そのような危険性を持って人とかかわっていると、自分自身が癒されるために、人助けをしてしまいます。

 

 感情レベルで整理をし、乗り越える
「真に人を助けたい」、「役に立ちたい」と思うならば、これまでの人生を振り返る作業が必要です。特に、幼少期の家庭環境や親や兄弟姉妹との関係性、小学校や中学校時代の人間関係に注目し、そのときの自分が、どのような子どもだったかということを振り返ります。

 

私の経験上、まったくトラブルなく過ごしてきたという人は皆無です。そのような人は自分をかなり抑圧して生きてきたか、弱さを見せまいと防衛するパターンが染みついています。

 

些細なことでも心のささくれになっていること、自分の弱さにつながっている可能性はあります。それをしっかりと見つめること、そのときの感情を思い出して、耐えてきた自分を受け入れることが、人の支援をするときの土台となります。

 

このような作業には、専門家の手助けが必要ですが、あなたが信頼するメンターに話してみることも良いでしょう。

 

「誰かの役に立ちたい」、「救いたい」と思うとき、それは自分の中に消化されていないものごとや感情が残っていることを意識してください。そして、行動を起こす前に、「なぜ」そう思うのかをじっくりと見つめることがたいせつです。

スポンサードリンク


関連ページ

自分を磨く
あなたの「仕事」について改めて考えてみる
ここは空白でよい
人に影響を受ける、人に影響を与える
ここは空白でよい
過去の逆境をエネルギーに変える
ここは空白でよい
あなたの過去を与える力に変える
ここは空白でよい
準備にどれだけのエネルギーを注いでいますか
ここは空白でよい
不安から逃げると、不安はつきまとう
ここは空白でよい
どうしようもないもやもやを最小限で抑えるために、あなたができること
ここは空白でよい
無意識に身についてきた価値観について考える
ここは空白でよい
問題が起きたときの反応によって、解決への道筋が決まる
ここは空白でよい
なぜ「ありのまま」が大切なのか
ここは空白でよい
あなたの名前にはどのような思いが込められていますか
ここは空白でよい
付いていきたいと思われる人になる
ここは空白でよい
一度しかない人生、なにを意識して過ごしますか
ここは空白でよい
したいことよりも、しなくてはいけないことを優先してみよう
ここは空白でよい
人生の後悔を振り返り、この先の学びに変える
ここは空白でよい
自分を解放したいなら、まずは呼吸を解放しよう
ここは空白でよい
挑戦することで得られるものは、あなたが考えている以上に大きい
ここは空白でよい
当たり前や常識から外れ、豊かな想像力を鍛える
ここは空白でよい
自分の中の当たり前に気づく
ここは空白でよい
人生のシナリオは無数にある
ここは空白でよい
本当に望むものを手に入れるために、なにを、どのように努力すれば良いか
ここは空白でよい
言葉を管理するとは自分をたいせつにすること
ここは空白でよい
小さな決断の積み重ねが、人生を創っていく
ここは空白でよい
他人の目と自分の目のバランスを取ろう
ここは空白でよい
自分探しが目的になっていませんか
ここは空白でよい
だれもが平等に与えられている時間、あなたはどう使いますか
ここは空白でよい
人は時間という素材の家である
ここは空白でよい
人によって時間のとらえ方に違いがある
ここは空白でよい
「愛されて生きてきた」と思えていますか
ここは空白でよい
人に頼られたときに知っておくとよいこと
ここは空白でよい
「環境を変えたい」と思ったときに考えたいこと
ここは空白でよい
「人付き合いが面倒くさい」と感じたとき
ここは空白でよい
人間関係を良好に保つために〜人と自分の違いを意識する〜
人間関係を良好に保つために〜相手の感情を表現させる〜
人が感情的になったとき〜相手に感情を自覚してもらう〜

TOP 代表あいさつ お問い合わせ